髙島屋の香典返し

四十九日(満中陰)法要について

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

四十九日法要の意味

仏教では、人は亡くなると7日ごとに閻魔王などの十王による裁きを受け、最後の7回目の裁きの日に、故人の霊が極楽浄土に行けるかどうかの判定が下されると言われています。

この日までは死者の霊は、この世とあの世の間をさまよっています。この期間は、死から新しい生へと生まれ変わる準備をしているのです。

この間、遺族は、7日ごとの裁きの日に合わせて法要を行い、故人の霊が無事に成仏できるよう冥福を祈るというのが昔からの習わしでした。この判定が下される日を「中陰が満ちた日」つまり「満中陰」(まんちゅういん)と言いますが、これが死後四十九日目にあたるので、一般には「四十九日」(しじゅうくにち)と呼んでいます。

この日初めて、亡くなった人は、無事に極楽浄土に送り届けられるとされています。ですから、四十九日の法要は特に重要な儀式とされ、家族や親戚などが集まって盛大に行われます。その後、慎んだ生活を送っていた遺族は普段通りの生活に戻ります。

スポンサードリンク

四十九日法要について

まず、四十九日法要を営むには、本来、故人が亡くなってから四十九日目がもっともふさわしい日です。

しかし、四十九日が平日に当たる場合は、日中お仕事などをしている参列者の事も考慮して、土、日に営むことが一般的になっています。この場合、法要を忌日過ぎに営むことはよくないこととされているので、四十九日目よりも前の土、日に行うことが多いです。

また、四十九日法要を三カ月にわたって行うことも「三月跨」として敬遠される傾向があります。「死終苦」と「身付き」の語呂合わせの中で四十九日は三カ月にわたってはいけないと言われるのです。しかし、ご逝去の日が月の半ば、つまり15日過ぎの場合、全て三月跨となってしまいます。ですから今ではあまり拘る人は多くはありません。

また、四十九日法要を三カ月にわたって行うことも「三月跨」として敬遠される傾向があります。「死終苦」と「身付き」の語呂合わせの中で四十九日は三カ月にわたってはいけないと言われるのです。しかし、ご逝去の日が月の半ば、つまり15日過ぎの場合、全て三月跨となってしまいます。ですから今ではあまり拘る人は多くはありません。

香典返し

香典返しは、葬儀に参列いただいた方々へのご返礼はもちろん、無事忌明けを迎えられた報告を行う大切なしきたりです。

お名簿の整理や商品の選定など、結構な時間を要するので早めのご準備をしておかなければなりません。四十九日を迎えた翌日に、挨拶状に品物を添えて出荷するのが一般的なので、法要日から遡って10日前後までに手配を済ませておくのが無難でしょう。

スポンサードリンク

四十九日法要の引き出物

四十九日の法要に出席された方々に対する「お返し」として、「引き出物」を持ち帰っていただく慣わしとなっています。

引き出物は、慶事を連想させる品や、生ものなどはなるべく避け、海苔やお茶、あるいは菓子類などが選ばれています。特にご高齢の出席者や遠方から出席いただいている方が持ち帰る際に負担にならないように、かさばらず重すぎないお品をおすすめします。

四十九日法要の挨拶状について

四十九日法要の引き出物に挨拶状を添えるべきか否かよく尋ねられますが、引き出物のように直接お渡しできるものには通常ご挨拶状を添える必要はありません。法要に出席していただいた方へのお礼と感謝の気持ちを、心を込めて直接言葉でお伝えすればよいでしょう。
この点、四十九日後の香典返しのように宅配便にて贈る場合とは異なります。

※なお、ここに記した作法に関しては、様々な考え方や地域の特性があり、必ずしも正しいというものではありませんので何卒ご了承ください。

スポンサードリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 高島屋の香典返し , 2020 All Rights Reserved.