髙島屋の香典返し

年忌法要

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

年忌法要は何年ことにやるのが正式か?

一周忌以降は死亡した年も入れて数えますので、満2年で三回忌となります。その後は七回忌十三回忌の法要までは欠かせない年忌であるといわれています。また十七回忌、二十三回忌、二十七回忌、三十三回忌と続き、一般の家庭での供養はこの三十三回忌までで終わりにすることが多いようです。

この三十三回忌をもって「完全に成仏した」と考えられ、「弔い上げ」とも言われています。

さらに五十回忌、百回忌、三百回忌なども耳にしたことがあると思います。これは仏教諸派で、宗祖や中興の祖などの五十回忌以降、50年ごとに遺徳を追慕する報恩の法会を「遠忌」とよび、「三百年遠忌」などが執り行われています。 

父の五十回忌法要を,「お祝いですよ」とお和尚さんに言われましたが?

 

両組の五十回忌法要は誰でもができるわけではぁりません。早く両親を亡くしたのに今日の自分があることを感謝して″紅白の水引”でおやりなさいとお寺さんはおしゃったのでしょう 。なお 親を亡くしたのであり、 紅白の気持にはなれないので”黒白の結び切りで ”という方もいます。 いずれも法事を催す側の心ですので「お気持」をかけ紙にあらわされることが大切でしょう。

祖父の二十三回忌、弟十三回忌、母の七回忌の法事を今年一結にやつてもよいか?

二つの法事ないし三つの法要が重なることを「併修」(へいしゅう)または「合斎」(ごうさい)と呼んでいます。二つないし三つの法事を古い方に合わせて、同日に営んでも良いとされています 。ただし、併修も良しとされるのは七回忌以降で 、三回忌まではできるだけ単独`営むのがよいとされているようです。また かけ紙への書き方は次のようになります.。

すなわち、ご先祖様の年忌法要をまとめて施行する場合、成仏された順番に書き上げます。なお 地域によっては短冊に故人の戒名を書いたり、かけ紙に「亡きOO回忌」ではなく、「故人の戒名や俗名」を書く場合もあるようです。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 高島屋の香典返し , 2020 All Rights Reserved.