髙島屋の香典返し

香典返しの時期とお返しの額?

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

1.香典返しはいつ頃までにすれば良いか

香奥返しは忌明け法要の日以降にするのが一般的となっています。

四十九日(七七日)の忌明け法要を営しまては、忌中または喪中の期間なのです。喪に服している間は 礼状や香奥返しも慎み 弔問の答礼は忌明け後にするという礼法に基づいているのです。.

忌が明けました、いろいろ大変にお世話になりありがとうございましたのご挨拶が香典返しなのです。

2.香典返しはどのくらいすれば良いか?

香典返しの目安は「半返し」と言われますが、香典には不時の出費の相互扶助の意味合いがあることからも、亡くなられた方の立場や関係によって判断されて、心ばかりのものでも構いません。しかし実際には香典の1/3から半分の方が圧倒的に多いようです。そして「お返し」のかけ紙には、黒白結び切りの水引に「志」と表書きします。

一方関西地方を中心に三十五日忌や四十九日忌の香典返しを法要の引き物には「忌明け志」や「忌明け」が用いられています。また亡くなって四十九日を満中陰と呼ぶことから「満中陰志」として用い、 繰り上げ忌明け三十五日忌を「中陰志」どうしているようです。何も掛け紙は黒白の結び切りではなく黄白の水引が多く用いられています。

贈答の体裁—-表書き(香典返し)

黒白結び切

志/粗供養/粗品

なお 関西地方で多く使われている「かけ紙」と「表書き」をまとめてみますと

贈答の体裁—-表書き(関西地方の香典返し)

黄白結び切

満中陰志/中陰志/忌明志/忌明け/茶の子

※茶の子とは 茶菓子 、茶うけといって葬儀、告別式の参列者や法要のときの軽い引き物または仏事の供物や配り物として用いられています。

3.香典の一部を寄付するときにみなさんにはどのように″お知らせ″すればよいか?

故人の遺志などにより 香典の一部を社会福祉施設や研究機関または社会福祉団体などに寄付するときには 香典返しを一部または全部をしないことがあります。この場合 挨拶状にその旨を書き報告するのがよいてしよう。

4.弔電だけの方や生花や花環のみを供えてくださった方にも、お返しはするのか?

弔電や生花をお供えくださった方々には、 忌明けの挨拶をかね礼状や挨拶状を出すなり、相応の返礼に心がけたいものです。

5.香真のお返しをいただいたとき、先様にお礼や報告の電話をしてもよいか?

この場合の礼状や電話は必要ありません。香典返しをもらってその礼状を出すということは「不祝儀が繰り返される、あとを引く、長引く」という意味から 、昔から忌み嫌われ 礼状などを出しては失礼とされてきました。

ただし忌明けの頃には葬儀の慌ただしさが治り、しみじみと悲しさ寂しさが深まってくる時期でもありますので、礼状ではなく心を込めた「お見舞い状」を出してはいかがですか。また親しい関係であれば電話で力づけるのも良いでしょう。

ただ香典返しを受け取ったかどうか喪家が気にするといけないという配慮であれば、「お見舞い状」にそれとなく「ご丁寧なご挨拶をいただき恐縮に存じます」と入れておいても良いでしょう。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 高島屋の香典返し , 2020 All Rights Reserved.