髙島屋の香典返し

仏式・法要に招かれた時

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

「御霊前」と「御仏前」の使い分けは?

ズバリ四十九日の忌明け法要の当日から 「御仏前」をお使いください。なぜなら個人が極楽浄土に行けるかどうかが決まる日、つまり「成仏する日」の供養ですから。 また故人の好きだった物を備えたい時は「供物」とします。

なお蓮の模様のない「御霊前」は、神式・キリスト教式を問わず最も一般的に金品に用いられます。先様の宗教などが不明のときも「御霊前」が無難なのです。

なおこの場合、「ごれいぜん」と呼ばずに、「みたまえ」に備えると理解されると良いでしょう。

「御仏前」とは四十九日忌明け法要をもって「成仏した日」と考えられるので、御仏前に供えるという意味で用いられます。具体的にはこの四十九日の忌明け法要当日から「御仏前」とし、忌明け法要前は「御霊前」と覚えておかれると良いでしょう。

贈答の体裁—-表書き(忌明け法要)

黒白結び切りまたは双銀結び切り

金品に、御仏前/御佛前,御香典/御香奠
品物に、御供/御供物
品物の代わり  御香料/御供物料

四十九日の忌明け法要とはどんなことか?

「忌明け法要=七七日忌=四十九日忌=満中陰法要」

この日の審判で、故人の霊が極楽浄土へ行けるか否かが判定されるといわれていて 、初七日同様 、大変重要な日となっています。この「七七日忌」を一般的には 忌明けとして、僧侶を迎え 近親者を招いて法要をしますが′、「追善供養」とも呼んでいます。

 亡くなった日から七日ごとにかぞえて 、初七日 (しょなのか)二七日(ふたなのか)、三七日(みなのか)として営まれる法事は「中陰法要」とも割れていますが、最も遅い七回目の四十九日を「満中陰法要」とも呼んでいます。

なお 法要の日は遺族や親族 、そして お寺の都合にあわせて、 本来の法要日を「繰り上げて」、「五七日忌法要」または「七七日忌法要」を営むのが一般的となっています。つまり法要を、 土曜日か日曜日にあわせることが多く 、本来の日よりも早めに行うことになります。このことは、「慶事は引延ばしても、弔事弔事は繰り上げる」昔からの云い伝えからからのようです。

このように三十五日または四十九日を「忌明け法要」として行うことが多いのですが、合わせて納骨式もこの日に行うことが多くなっています。

※七日ごとの供養とは別に、月ごとに巡ってくる命日(月忌=ガッキともいう)に、家族が仏壇に礼拝する家庭もあります。

百ヶ日法要には香典は持って行くのか?

亡くなった当日から数えて百日目に営む法要を「百ヶ日法要」といいますが 、新しく仏の仲間入りをしたた故人の近況をたずねる法要です。

ですから、 お招きを受けたときは故人の好きだった物または仏前に香典を持参するのがよいでしょう。

なお百ヶ日法要はは 宗派によっては新仏の供養とともに 、無縁仏や飢餓道に落ちた死者の供養もするので「施餓鬼会」(セガキエ)の名も使われています。百ヶ日法要は 大部分の方がごく内輪に営んでいるようです。

贈答の体裁—-表書き(百ヶ日法要)

黒白結び切り

御仏前/ご供物/御供

百箇日法要にわざわざ足を運んで下さった方々には、供養のしるしを次のようにして差し上げるのが良いでしょう。

贈答の体裁—-表書き(百ヶ日法要返し)

黒白結び切

百箇日供養/粗供養/志

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 高島屋の香典返し , 2020 All Rights Reserved.