髙島屋の香典返し

香典返しの作法

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
スポンサードリンク
香典やお供物を頂いた方には忌明けの頃に忌明けの挨拶状を添えてお返し(お香典返し)をします。
1.香典返しの時期 2.のしの書き方 3.香典返しの金額の相場 4.香典返しの好適品

香典返しの時期

香典返しは、葬儀や通夜で香典やお供物を頂いた方に、遺族が気持ちの上でも一段落した頃にお礼の手紙をそえて送ります。一般的には四十九日法要の後に贈ることが多いですが、三十五日後になさる方もいらっしゃいます。なおキリスト教では、1ヶ月目の追悼ミサの頃(プロテスタントでは昇天記念日)に、神式では、五十日祭の頃に行なわれます。お正月の、松の内の時期は贈るのを控え、松の内が明けてから贈ります。

仏教において、亡くなってから四十九日間を「中陰」と呼びます。
 関東では49日=7×7=「七七日忌」と呼び、関西ではこの日を四十九日が満ちた日、つまり「満中陰」と呼んでいます。
 これは、閻魔王などによる裁きが、亡くなってから七日目ごとに行なわれ、四十九日目で極楽浄土に行けるかどうかの判定が下されるとする教えによります。そしてこの日(四十九日目)が忌明けになるというわけです 。

もともと香典は喪家に対して葬儀から忌明けまでの急な出費に対する扶助の意味合いがあります。一家の働き手が亡くなった場合や、両親が亡くなって子供たちだけが残された場合などは、香典返しは1/3返し、あるいはしなくても良いかもしれません。

のしの書き方

①東日本
〈掛 紙〉のしなし・水引きは黒白または  黄白の結び切り。

〈表 書〉
  上段は「志」
  下段は「◯◯家」「◯◯(姓のみ)」
東日本

<好適品>お茶・紅茶・のり・タオルセット・石鹸・洗剤などの日常の実用品や消耗品
<不適品>置物 おめでたいものに通じるもの(昆布・鰹節など)
生鮮食品(魚類・肉類など生もの類)
華美なパッケージの品
②西日本
〈掛 紙〉のしなし・黄白5本結び切り
〈表 書〉
  上段は「満中陰志」
  下段は「◯◯家」と書くのが一般的
西日本

関西地方では、香典返しの表書きは「満中陰志」が一般的ですが以下の違いがあります。
・名古屋では、「七七日忌明志」「忌明志」が一般的で、○○家と書きます。
・岐阜では、「五七日忌明志」(三十五日)「七七日忌明志」(四十九日)が一般的で、○○家と書きます。
・京都では、戒名短冊を使用します。
・山陰地方の掛紙の体裁は、黒白5本結び切りです。③神式・キリスト教式・天理教式
〈掛 紙〉
のしなし・水引きは黒白または黄白の結び切り。
表 書〉
  上段は「偲 草」
  下段は「◯◯家」「◯◯(姓のみ)」
神式・キリスト教式・天理教式

※ 「志」や「満中陰」などとは別に、よく「祖供養(そくよう)」というのしが用いられます。粗供養はお香典返しだけに限らず、通夜、告別式、法要などの弔事全般においてお返しの品ののしに用いられます。
※内のし(品物に直接のしをつけてから、包装する)、あるいは外のし(品物を包装してからのしをかける)については、基本的には「持参して手渡しする場合には外のし、送るときや、控えめな気持ちを表わす時には内のし」と使い分ける場合が多いようです。
スポンサードリンク

香典返しの金額の相場

香典返しを贈る場合には、頂いた香典の半額をめやすにします。
半分の金額のものをお返しすることを「半返し(はんがえし)」と言いますが、最近では1/3位でお返しする方も多くなってきています。

当日返し(その場返し)の場合は香典を頂いた方全員に同じ物を贈る場合が多いですが、後返しの場合は、頂いた金額に応じて三段階くらいの品物を用意し、それぞれの金額に合ったものをお返ししています。最近では金額別のカタログギフトなども多く利用されています。

その他に、職場や町内会などでお香典を頂いた場合には、皆さんで召し上がれる茶菓子や、お茶などをお返しすることが多いです。この場合のご予算は、1人1人に対してではなく、全体で、頂いた金額の半分(〜1/3)で構いません。

香典返し好適品

典返しは、不幸が繰り返さないように、「消えて無くなるもの」が良いとされます。たとえば石鹸やお茶などの「あとに残らないもの」や実用品としてタオルやハンカチなども良く用いられます。しかし最近ではあまりこのことにこだわらない方もいらっしゃいます。
スポンサードリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 高島屋の香典返し , 2020 All Rights Reserved.