髙島屋の香典返し

<神式>通夜祭と葬場祭

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

神式の通夜や葬儀の仕方は?

神道では仏教との大きな相違点である″死を機れ″と考える死生観によりまして、葬儀には神社を使用することができません。そのために しかるべき齋場を葬儀社の人に探してもらうか 自宅で行うことになります。また、神道では死者を命(みこと)とあがめて、祖先の神々とともに家の守護神として祭ります。

神式によって行われる葬送儀式を″神葬祭¨と呼び 通夜は″通夜祭″葬儀は″葬場祭″といいます。進行の詳細は葬儀社の人に任せるとして基本的に仏式と異るところをろげてみましょう。

①数珠はいっさい使いません。

②お悔やみのことばとして″ご冥福を″や、″供養″などは使いません。また″回向、冥途、追善″などの仏教用語も使いません。

③祭式に入る前には、「手水の儀」(ちょうずのぎ)といつて、泌ず水を使って身を清め 口をすすぎます。ただし自宅で葬儀を行う場合は、手水の儀は省略することが多いようです。

④近親者や親しい友人、知人の場合 弔間から通夜祭、葬場祭、火葬祭、帰家祭まで出席します

が、 一般の会葬者は葬場祭または通夜祭のみに出席するのが通例のようです。最近 一般の家

においては 通夜祭と葬場祭だけで済ませることも多いようです。

⑤神式では、仏式の焼香にあたる“玉串奉奠″をします。玉串は神木である榊の枝に、木綿や紙を細長く切ってさげたもので 、斎主が霊前に王串をささげためと、 喪主から順に霊前に進み王串をささげます。

※木綿(ゆう)とは楮(こうぞ)の皮をはぎ、その繊維を蒸し、水にひたして裂いて糸にしたものをいいます。

⑥玉串をささげるときは、二礼ののち 音をたてないような拍子(しのび手)を二度打ちして一礼します。″玉串奉奠”とは玉串そのものを神に供えるのではなく 玉串をお盆とみなして自分の心をのせ、神にささげるという意味が込められています。

⑦死去のことを仏式では永眠といいますが 神式では帰幽とも呼んでいます。

⑧儀式のあとの会食には 死のけがれを忌むため喪家での煮炊きはしないで 外から運んだ物で

もてなします。

⑨清祓の義(きよはらいのぎ)または合祀の義(ごうしのぎ)とは、故人の位牌にあたるものを、祖先の霊が祀ってあるところに写すことを言います。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 高島屋の香典返し , 2020 All Rights Reserved.