髙島屋の香典返し

墓地を移す

 
この記事を書いている人 - WRITER -
若い時に購入した墓があるけれど、遠隔地にあるため年を重ねるにつれ墓参が大変になってきた。住まいの近くにお墓を移したいけれどどんなことを準備すればよいのか?

確かに、高齢者にとって、年一~二回の基参でも、基地が遠いと苦になるものです。そこでまず、今ある墓地について以下の点をチェックすることが大切です。
①すでに遺骨を埋葬している墓地なのか? それとも寿陵(生前に遺骨なしで、自分のために用意した墓所、未埋葬墓地)なのか?
②碁地に建立している墓石は、外柵(囲障、囲いの部分)のみか? 石塔も建立しているのか?
③寺院墓地か? 公営あるいは民営墓地か?
それぞれの場合について検討してゆきたいと思います。

スポンサーリンク

①未埋葬墓地の場合

基地をさら地にして、墓地の管理者へ返還すればよいのです。それには、墓石の撤去費用がかかります。㎡単位5万~15万円程度ですが、必ず石材店(寺院や霊国出入りの石材店)から前もって見積書をとつておかないと失敗してしまいます。墓地の返還には、費用がかかる上、寺院墓地では、永代使用料はほとんど戻りません。公営霊園でも、同様のことが多いのです。ただ民営霊園の場合、それぞれの霊園規則で、多少なりとも返金する制度がある場合も見られます。まず、購入窓口となった石材店や霊園事務所に問い合わせることが大切です。墓石を建立していないさら地のままであっても、全額永代使用料が返らない霊園もあれば、半額近く戻る霊園もあり、ケースバイケースなのです。

②すでに遺骨を埋葬してある場合

遺骨を移す際には、受入地の新しい墓地を確定しないと返還ができません。遺骨は、勝手に取り出すことはできませんし、移すこともできないのです。新墓地の受入証明書(あるいは使用許可証)を出してもらって、所定の改葬手続きをとらなくてはなりません。もちろん、旧墓地の解体費用(さら地に戻す費用)もかかります。

③新しい墓地を購入する際の注意点

旧墓地に使用してある墓石が全く使えないのかどうか、きちんと墓所のサイズ、石塔の大きさを測つて、新墓地でお世話になる石材店に提示してみ
てください。あるいは 旧墓地の現場を見てもらうことをおすすめします。相手の石材店が良心的なところなら、ただ永代使用料と新墓地の墓石を売りつけるだけではなく、相談に乗ってくれるはずです。また、新しい墓地で使える部分をきちんと説明してくれます。ふつう、外柵(囲い)は、墓地に
よってサイズが違うため使用できないことが多いのですが、石塔は使えることが多いものです。墓石の解体と移送は 旧墓地まで新しい石材店に出張してもらうか、先方の寺院や霊園の指定石材店に施工 ・運搬してもらうこともできます。
いずれにせよ、年をとって後、自分のニーズが「墓参は近くで」と感じたら、予算のかかることなので、跡を継いでくれる子どもとともに、余裕をもって計画を立てて臨んだほうが失敗しません。家族の財産をより活用するためには、どうすればよいか 一番よい方法を考え、寺院、霊国と相談して
みてください。

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 髙島屋の香典返し , 2020 All Rights Reserved.