髙島屋の香典返し

嫁いだ姉と一緒に、両親のお墓に入ることはできるでしょうか?

 
この記事を書いている人 - WRITER -

霊園広告を見ると「宗旨・宗派は一切不問」と書かれていることがよくあります。

確かに、公営・民営の霊園は、概ね、宗派による制限はありません。

これに対し、お寺に併設された墓地の場合、宗教・宗派が異なると、拒否されることがあります。

スポンサーリンク

1.新規に寺院墓地を購入するとき

ではなぜ、寺院墓地では拒否されるのかというと、お寺は「檀家」制度を前提に運営されているからです。

つまり、そのお寺の檀家になることは、お寺を維持いくための金銭的な負担も担いながら、そのお寺 の信徒としてその宗派の教義を信じることはもとより、宗教的行事にも参加するということを約束することを意味します。平たく言うとそのお寺のメンバーになるということです。

そして、お寺は、そういう信徒のために、墓地を運営して、埋葬を行っているのです。

寺院墓地には、そういう背景がありますから、宗教が異なる人との契約はしない、というのが原則です。ただ、これは、新規に寺院墓地を求めたときのことです。

2.すでに家のお墓があるという場合

もし、寺院墓地に、両親のお墓(または先祖からあるお墓)があり、そのお墓に姉妹で入りたいというのなら、お寺側に事情を説明して、たずねてみるとよいでしょう。

「ご両親のお墓で、そのお子さんなら、改宗すれば、認めましょう」「戒名のつけ直し等の処置をしてください」ということもあり得ます。お寺とのこれまでのつき合い方や住職の人柄などによっも違うでしようが、率直に話してみると、案外承諾してくれるかもしれません。

あなたの姉の改宗は無理、でも同じお墓に……ということなら、同じ墓地内に宗旨・宗派は不間という「永代供養墓」があれば、それを選択するのもひとっの方法です。

3.第三の方法

さらに、家のお墓とは別に、二人で入るお墓をつくるという考え方もできます。その場合、公営・民営の霊園になりますが、「宗派不間」とうたつていても、敷地内にある寺院の宗派で供養されるという例もありますので、注意が必要です。

「宗旨・宗派不問」という内容について、きちんと確認しましょう。

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 髙島屋の香典返し , 2020 All Rights Reserved.