髙島屋の香典返し

仏式〉″通夜″と″通夜ぶるまい″とは何か?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

1.通夜と通夜ぶるまい

昔は、遺族や近親者だけで夜を通して枕頭で行われたので″通夜″といいましたが、現代では、″半通夜″といって18時か19時ごろから始まう21時ころまでに終わるのが一般的となっているようです。

その後 残った遺族や近親者はローソクや線香を絶やすことなく交替で遺体を一晩中守ってあげるのです。また 故人と親しかった人には知らせが入りますが、原則として弔問にかけつけることが礼儀といえるでしょう。

“通夜ぶるまい”とは、 通夜が終わると(正しくはご焼香がすんだ方から)喪家では弔問に対するお礼と故人に対する清めの意味を込めて、軽い飲食をすすめることが通例となっています。酒、ジュース ビール、寿司 煮物、つまみなど、手軽につまみやすく食べやすいものをふるよいますが、これを″通夜ぶるまい″といいます。弔問された方は 特に用事がなければ、通夜ぶるよいは受けるようにしましょう。           

また、焼香を終えて退出する会葬者に葬家が謝意を表わすために“粗供養の品”と清めの塩と会葬礼状を添えて手渡します。この“粗供養”の品には“ハンカチ、テレカ、入浴剤、花の種、日本酒、砂糖、まんじゅう、お茶、海苔、らくがん”などを、一個または複数をセットにするなど、土地柄によって特徴があります。

さらに、“その場返し”をして、香典返しをしない地域もあるようですが、一般的には、忌明け法要後に改めて“香典返し”をすることが多いようです。このように、香典返しを忌明け後に行う場合でも、ご会葬いただいた方には「「粗供養の品」と「会葬礼状」と「お清めの塩」をお持ち帰りいただくことが通例となっています。

2.仏壇封じ

仏壇のある家では、不幸があるとその家の仏壇の扉を閉め、半紙などの白い紙で仏壇を封じます。そして七七日(四十九日)の忌明けには、新しい位牌を安置し仏壇開きをします。

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 髙島屋の香典返し , 2020 All Rights Reserved.